元サラリーマンのお金と向き合う時間

お金について考えるのが面倒くさい人はお金に恵まれません。このブログを通してしっかりとお金と向き合いましょう。

あなたに生命保険は必要!?

こんにちは!けーさくくんです。

今日はブログに小さな変化を・・・。

タイトルを「会社員が見ると役に立つお金のブログ」に変更しました!(笑)

会社員向けにお金にまつわる知識をご紹介していきますね!!

 

 

はい、ということで今日は生命保険の必要性について書いていきます!!

生命保険と聞くと、ネガティブな印象を持つ方も多いのではないでしょうか。
生命保険のイメージを聞いたときの反応は以下のようなものが多いです。
3位 売りつけられる
2位 損しそう
1位 複雑でよく分からない

あまりいいイメージではないですね。

それでは早速書いていきます!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑のはてブ、ぜひクリックお願いします!

はてブが3つ以上で次の記事を書かせていただきます!!

 

 

生命保険の必要性

さきほどのランキングを見ても強引なセールスに押し切られて加入したという人が多いのかもしれません。

また、加入したはいいけど、保障内容をよく理解していないという人も多く、
それが「損しそう」とか「よく分からない」というイメージに繋がっているような気がします!!

 

そもそも、人間の脳は「死」について考えることを避けるようにできています。
毎日「死」について考えていたら、精神が崩壊してしまいますよね(笑)

なので、保険の必要性(ニーズ)は普段は感じることがないのが普通です!

 

 

では、生命保険はどんなときに必要でしょうか。

 

答えはとても簡単で、自分が死んだら生計が成り立たない人がいる場合に必要です。

 

現役時の死亡率は低いから保険はいらないという人もいますが、そもそも保険は「起こる確率が低いけど起こると困ってしまう」場合に加入するものです!

 

もっと単純化すると、死亡後の家族の収入が支出よりも少ない場合、それを補填するために保険が必要です!
特に、一家の大黒柱で配偶者と子供を養っている人にとって、保険の必要性は相対的に高いと言えます。

例えば、家庭を持つ30歳の方の月収が30万円だとします。
この方は、60歳までにいくら稼ぐ予定かと考えると、
月収が上がらなかったとしても30万×12カ月×30年=1億800万円です。

一家の大黒柱の死というのは、その稼ぐはずだったお金が入ってこなくなるということです。

 

では、その収入減をカバーするにはどうすればよいでしょうか。
ここで1つ安心していただきたいのは、上のケースで1億800万円を生命保険でカバーしないといけない訳ではないという点です!


実は、遺族年金という制度があり、国民年金や厚生年金の加入者が亡くなった場合、「18歳未満の子を持つ配偶者」または「18歳未満の子(障害等級1級または2級の場合、20歳未満の子)」は遺族年金を受け取ることができます。

意外と知らない人も多いかと思います!

※サラリーマンor自営業、遺族の収入などにより支払われる金額や期間は変わります。

 

仮に10万円の遺族年金がもらえるとすると、月々足りないお金は20万円(=30万-10万)です。
従って、必要な保障金額は20万×12カ月×30年=7,200万円になります。

たまに遺族年金の話をせずに営業している保険営業を見かけますが、
そういう営業は信用しない方がよいかと思います。

 

 

また、会社の方で遺族に弔慰金を支給してくれる会社もあります。
福利厚生の手厚い会社では、2,000万円~3,000万円レベルで保険をかけてくれているケースもあります。
自分に万が一があったら国や会社からいくらもらえるのか、というのは一度調べてみるとよいと思います!!

 

 

また、生命保険は、基本的にはアフターフォローのない商品です。

死んだら自分で死亡診断書を取り寄せて保険会社に提出しないといけませんし、入院したら自分で入院証明書を取り寄せて提出しなくてはお金はもらえません。

自分で請求しない限り、お金は出ません。

 

 

また、生命保険は相続税対策にもなるのです!

生命保険の保険金を相続人が受け取る場合、一定の金額までは相続税がかからずに済みます!

その非課税枠は、[500万円×法定相続人の数]となっています。

したがって、通常の資産として遺産を残すよりも、遺産の一部を生命保険金として残した方が相続税の節税につながります。

相続税には、もともと基礎控除などの非課税枠がありますが、それらを超えて税金がかかる場合には生命保険の非課税枠が生きてきます。そのため、遺族に十分な資産を残せる人こそ、相続税の節税に生命保険を活用できる可能性が高いといえますね!

 

 

今回は以上になります!

 はてブが増えれば今後も公開していきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ぜひクリックお願いします!

 

 

また、この度LINE公式アカウントを開設いたしましたので是非追加していただければと思います!書いてほしい記事等、リクエストを募集しています!

http://nav.cx/wxGUfi8

↑このURLをタップまたはクリックで追加できます。

※なんでLINEなの?と思った方へ
正直に言います!
私のLINEでは私が書いてるブログが更新された際に皆さんに通知がいくようになっています!(月に3回程度)

多くの人に私の記事を見ていただきたいので、LINE追加をお願いしています!
迷惑でしたらすぐにブロック!でも構いませんが、できればそのままLINEの通知を受け取ってくださると幸いです!
もちろん、料金は一切とりませんのでご安心ください!