元サラリーマンのお金と向き合う時間

お金について考えるのが面倒くさい人はお金に恵まれません。このブログを通してしっかりとお金と向き合いましょう。

【超大作】80%くらいの確率であなたの投資人生を好転させる記事

80%くらいの確率であなたの投資人生を好転させる記事

 

これは決して大袈裟なタイトルではないと自負しております。(笑)

 ※この記事は適当な精神論ではなくて、論理的に解説していきます

 

10分だけでもいいので見ていってください!!

 

私は今でこそ、700万近くを資産運用だけで得ていますが最初は困難も多かったものです。

大体の失敗の原因は「投資への考え方」が間違っていることによるものです。

 

後、単純に

上手くいっている人の真似をするとうまくいきやすい

です。

少なくとも、上手くいっていない人の真似をしたり、やってもいない人の言うことをきくより成功率は上がるんですよね

上手くいっている人のまねをして試してみてうまくいかなければやめればいいだけだと思っています。

 

 

私の場合は投資への考え方を変え、それに基づく「勝ちパターン」をつくったところ、すぐに不労所得を構築することができ、徐々に資産を増やしていくようになりました。

 

 

投資を成功させたい!

と1ミリでも思ったら一文字も逃さずにこの記事を読むことをお勧めします。(笑)

 

 

f:id:ksakukun:20200325050228p:plain


 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ぜひクリックお願いします!皆さんの一押しのおかげで頑張れます!

 

 

 

投資人生を好転させる考え方。守りを第一に。

結論から言います。

 

勝ち続けている投資家の考え方は

短期投資よりも長期投資

主にこれだけです。

 

もし、専業を目指すならトータルすると儲かることがわかっていることだけをやること。これが大事です。

 

まず、長期投資のメリットから軽くご紹介します!

①短期の値動きによる精神的リスクを減らせる

②細かい時間管理をしなくとも投資ができる

③自由な時間が多くなる

以上のようなメリットが挙げられます。

 

 

そして、投資の利益や損失は数年単位で見るべきなのです。

 

つまり、数年単位で勝てれば1か月2か月負けていてもほとんど気にする必要はありません。

あくまでトータルで勝つことが大事なのです。

 

そう考えると、

「2月からのコロナショックでマイナス数百万。もう投資引退だ・・・」

なんて人はもう少し長期で投資をとらえるべきかと思います。

 

まだまだ巻き返せそうな投資家は本当は山ほどいるんじゃないかなと思っています!

 

 

 

利益を上げれる投資家は、攻めより守りを意識

利益を上げれる投資家は、攻めより守りを意識しています。

これは投資だけでなく、どの世界でも同じなんじゃないかと個人的には思っています。

 

例えば将棋を例にとりましょう!

素人はまず攻撃することを考えますよね。

その一方で、中級者以上の人は守りに徹して戦います。

上級者になればなるほど相手の守り方を見ながら、相手が攻撃しにくい守りを考えていきます。

 

将棋の上級者の試合を見ていると分かるのですが、お互いに「相手のどの部分の守りが弱いか」の探し合いをしています。

そこにほんの少しのホコロビを見つければ、すぐにそこを攻撃するんですよね。

 

 

実は、この将棋の戦い方こそ利益を上げ続ける投資家になる最大の方法なのです!

理解するのに時間はかかるかもしれませんが、これを理解できると投資人生を大きく好転させられます!!

 

今までのように短期トレードによるストレスや、多くの時間を消費してチャートに張り付くも損失を出してしまう、、、なんて事態にならずに済むのです。

 

 

世界最大の投資家ウォーレン・バフェットの格言には

「ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2: 絶対にルール1を忘れるな。」

という有名な言葉があります。

投資の世界でも守りが重要視されているのがわかりますね!

 

じゃあ、利益を上げれる投資家の考え方には「攻め」がないのか?というとそうではありません。

彼らは普段守りに徹し、ただひたすらチャンスを待っているのです。

 

とにかく守っていれば、ある時バブルが起こったりします。

そんな時、彼らは一気に攻めに出るのです。

※ちなみにこれは私の投資スタイルでもあります(笑)

 

 

しかし、勝てない投資家は守りをしないでどんどん戦います(ギャンブル短期トレード)

 

その結果、大事なバブルがきたときにはバブルに乗る体力(資金)がなく、

絶好のチャンスを逃す

という手痛い損失を出してしまうのです。

 

 

あなたの周りを見てみてください。

ギャンブルしている人ではなく、お金を使うことに対して防御してきた人の方がお金がたまっているのではありませんか?

 

つまり、次に絶好のチャンスが来た時にはギャンブルで消耗している人より、防御してきた人たちがさらに力を大きくする番になるでしょう。

 

 

 

自分の投資パターンを確立できていますか?

皆さんは自分の勝ちパターンを確立できていますか?

 

自分の勝ちパターンと聞くと、

トレーダーでデイトレードをする人が考えること。

みたいに思われるかもしれませんが、これはデイトレードをする人が考えること。というわけではありません!

 

 

株でも不動産でも事業収入でもトレードでも、この勝ちパターンがないかぎりしっかりと安定的に資産を増やしていくことはできないと思っています。

 

 

それを踏まえたうえで、

まず、投資を既にやってる方に確認してほしいことがあります。

 

いままでの自分の運用成績は優れているのか?

どうでしょう?

これについて、客観的に振り返ってみてください。

 

もし、自分の運用成績が優れていないのであれば、

それを繰り返したところで意味はないです!

 

これは断言できます!

 

 

また、「先月はトータル勝ててる!」

というのはスパンが短く判断できかねますので年単位など、長い目で見てください。

 

投資や投機は長い目で見るほど正確ですのでできるだけ長いスパンで考えてみましょう!

 

 

皆さんどうですか?

だいたいの投資家は長い期間でみるとなかなか勝てていないのではないでしょうか?

 

 

 

 

節約で運用資金を作る

資産運用の前段階で、節約を行い、無駄な支出を減らすことはとても重要です!

 

しかし、お金を使えないことでストレスを溜めてしまうと、結果的にもっと無駄な高額消費を誘発する恐れがあります。

 

つまり、重要なのは

節約に成功したという事実ではなく、節約できたお金をその後どのように活用するか?

ということだと言えるでしょう。

 

節約の先にある資産運用を通じて、着実にお金を増やすという目標を忘れないようにしなければいけません。

 

 

 

 

はい!ここまで飛ばし読みしてきた人たちへ!

投資を成功させたい!

と思ったら一文字も逃さずにこの記事を読むこと!というルールを課していましたが、

どうですか?

 

このような簡単なルールを守れないようでは、おそらく投資の世界でもルールを守れないのではないかと思います。

 

投資は自分の勝ちパターンに沿って的確に行動していくのみですので、 もしかしたら投資に向いていないのかもしれません。

ただ、退屈な文章だったのであれば申し訳ありません・・・。

 

逆に、しっかりと読んでくださった方は投資でも成功できる可能性があると思っています!

 

 

 

投資の厳しい現実

投資をしないとこの先、生きていくのは難しい。

これは皆さん分かっているかと思います。

しかし、一般的には投資について以下のような厳しい現実があります。

 

・トレードで勝てる個人投資家全体の1割にも満たない

・株式市場に参加している個人投資家の90%は損をしている

個人投資家のほとんどが市場から6か月以内に姿を消している

 

このような事実は投資市場が成熟すればするほど顕著に表れてきます。

 

50年前の株式市場は個人投資家が90%を占めており、機関投資家は10%程度でした。

そのような環境では他の個人投資家よりも素早く情報を仕入れることさえできれば利益を出すことは容易だったそうです。

 

しかし、現在の株式市場は90%の機関投資家10%の個人投資家で構成されています。

機関投資家資産規模情報量個人投資家とは比べ物になりません。

 

皆さんが思ってる以上に投資の世界は甘くない状態です。

 

 

 

 

労働外収入を得るために

甘くない投資の世界では、実際にどんな投資(投機)をするべきなの?

そう思っている方も多いと思います。

 

労働以外の収入を得るための方法として、主にこの6つになるかと思います。

先物

投資信託

・不動産

役員報酬(事業投資)

・株

アービトラージ

 

これらについて、1つずつ解説していきましょう。

 

 

その前に、

 

私の投資スタイル(勝ちパターン)の解説をしていきますね!

(需要ないかもしれませんが(笑))

 

・主に株、不動産等で利益を出せるものを見極め、高配当や伸びしろがあるものを見つけたら投資していきます。

・短期トレードでは、行ける!と踏んだところで少しずつ勝ち逃げする感じです。

基本的に短期勝負はほとんどしませんし、守り重視の投資スタイルです。そのため、資産の増え方も少しずつです。

・守ってばかりだと本当に少しずつしか増えませんので、大きく勝てる見込みがあるときに(期待値が高い)一気に投資して元手を増やしていきます。

 

ざっくりと紹介するとこんな感じです!

かなり守備的な勝ちパターンですので、普段は年利で7%とれたらOK!という投資スタイルになってきています(笑)

 

ちなみに、去年は後述のアービトラージ一気に利益を伸ばしました(利確は今年なので去年の資産運用益にはカウントしていません)

これが、

普段は守って、勝てるところで大きく安全に勝ちにいく。

という私の勝ちパターンです!

 

 

先物取引追証に気を付けよう

私は極力追証の可能性を0にして取引しています。

 

私は、色々な人と投資について話しをする機会が多いのですが、その中で多いのが

先物取引で大きな損失を出したシニア層

です。

 

 

先物取引の場合、レバレッジを効かせた取引が主流です。

100万円を元手に1000万円規模の取引などが可能なんですが、これが命取りとなっていることが多いんです。

 

100万円の元手で1000万円分の取引をしている場合、損失が50万円を超えると追加保証金(追証)というものを支払わなければ投資を継続できなくなるのです。

 

そこで取引業者の営業マンは

「ここは我慢のしどころ。追証しないと元本がなくなってしまう。これから上がるから追証しよう」と持ちかけてくるんです。

 

顧客は、なんとか損をカバーしたい一心で、追証します。

そうしてどんどん損が膨らんでいくのです。

 

最近はコロナショックがあったので、思い当たる節がある人もいるのではないでしょうか?

 

しかも!!

こうした取引を勧める会社の多くが、経済産業省などの許可をもらった、いわば政府公認の会社。

びっくりですよね。

 

海外は追証がないのに対し、国内は追証ばかりです。

国内で取引するにしても現物以外は触らない方がいいかと思います。

 

個人的にはあまり手は出したくないですね。

 

 

  

投資信託の分配金にはカラクリが…

個人的に一番問題だと思っているのが投資信託ですね。

 

投資信託は任せるだけだから楽だー!」

なんて思ってる人も多いですが、明らかに無駄な手数料が多く、悪質なパターンも多いと感じます。

 

少し解説すると、証券会社の収益の中心は売買手数料になりますよね。

ということは、顧客が株や投資信託を売買してくれないと利益が得られないんです。

そこで、

何度も売買を繰り返させる「回転売買(頻繁に売買を繰り返すこと)」を勧めてくるのです。

 

短期ではなく、長期で見るのが成功パターンだというのに全く逆のことをしていますよね。

 

損をした時でも「取り戻すためにはその株を売ってこの株を買ったほうがいいですよ!」とか言ってくるんです。

 

また、投資信託の販売時に使われる決まり文句が「分配金」です。

 

定期的に一定額が支払われるからと言って、安心する人も多いのですが、ここにはカラクリがあるんです。

 

実は・・・

分配金は運用成績からではなく、単に自分の資金を切り崩して払っているケースがあるんです!

つまり、分配金をもらうたびに、基準価格が下がっている場合があるということなのです!

 

以前も他の記事で解説しましたが、こういったカラクリが潜んでいるんですよね。

 

 

ただ、すべての投資信託がダメというわけではありません!!

強いて言うなら「毎月分配型」より、年1回配当の「決算連動型」の投資信託を選んだ方が、利回りが下がりにくいです!!

 

 

 

 

不動産は値上がり益を狙えない

年金やリストラなど将来の不安が多い昨今では、副収入を得ようと不動産投資するサラリーマンが増えています。

 

不動産投資で成功するのは容易ではなく、物件を購入して収入が減ってしまう投資家も数多くみてきました。

 

不動産を購入した後に値上がり益を狙う場合、

今の日本においての成功率はかなり低いと言えます。

 

物件は時間が経つごとに価値は減ってしまい、買ったときよりも売ったときの価格が低くなる傾向にあります。

また、物件を購入した当初は副収入を得られたとしても、数年後に修繕費などのコストで収支がマイナスになるリスクも出てきます。

投資で成功し続けるためには利回りの高い物件を選ぶことが重要です!

 

生活できるだけの所得を不動産から得るためのハードルは高く、成功率は低いのが現状です。

 

 

また、不動産での不労所得で生活するのが難しい理由は、

条件のよい物件が少なくなっている。

ということが挙げられます。

地方の人口減少が続く昨今、都市部の物件に投資する人が多く、優れた不動産はすぐに売れてしまいます。

 

そして残っている物件は立地や状態が悪く、投資したとしても高い家賃収入を見込めない場合がよくあります。

 

住居需要が減っている現代では、不動産投資だけで生活するハードルが高くなっています。 

 

 

マンション投資も少し危険!?

これまで、「元手がなくても儲かるよ!」とマンション投資を持ちかけられた人も多いのではないでしょうか?

そんなとき、絶対に気をつけたいのは、

優遇金利が1年ほどで切れてしまうケースが多いということ。

 

さらに、マンションを売ろうとしても買値で売れることはまずないです。

なぜなら、もともと1000万円程度の価値しかない物件を2000万円で買わされているからです。

 

しかも家賃保証の期間は10年程度になっているケースが多く、その後は入居者がいなければ家賃収入はゼロ。

 

結局、元手がなくても儲かるなどという都合のいい話はないんですよね。

 

 

 

役員報酬(事業収入)

これはいま私が着実に進めているものでもあります。

ただし、結構な資金が必要になってきます。

 

簡単に言うと、会社の役員になって収入を得る方法です。

これは実際に多少の労働はありますか労働力に対しての収入としてはかなり効率がいい収入の取り方になるでしょう

 

 

実際に私が運営している株グループでは、

会社買収やグループの皆さんとの会社新規設立等色々な話が出てきて盛り上がっています!

まだまだ勉強不足のため、詳しい方やM&Aに興味がある方は是非ご連絡ください! (笑)

 

 

株の投資家も8割が損している

個人的にはこれが一番長く安定的に利益を出せているものでもあります。

ただ、本当に甘くはないんですよね。(笑)

 

実際に株式投資で資産を増やせる人は少なく、8割の投資家は損してしまうのが実情です。

長期的に利益を増やしていける投資家はごく一部で、成功率は10%程度といわれています。

 

 

株の取引をやってる人は「儲かったか儲かっていないか?」で考えるのではなく、

1年間の日経平均株価あるいはトピックスの動きより自分のパフォーマンスが優れていたか?

で考えるべきです!

 

 

なぜなら、

「年の初めに株を買って何もせず1年間ひたすら放置してた人のパフォーマンス」

「1年間の日経平均株価あるいはトピックスの動き」

にと同じになるので、適当に短期でガチャガチャやってそのパフォーマンスを下回るくらいならやらないほうがいいからです!

 

ファンダメンタルやテクニカル分析などのノウハウを知らないと、損しやすいのが株の特徴ともいえますね

また、不動産に比べて株の価値は下がりやすいということも頭に入れておくとよいでしょう。

 

 

また、株では年利4%程度なら(配当金も考えると)リスク無く運用できます。

しかし100万円の4%(4万)と1億円の4%(400万)ではサラリーマンの年収分くらいの差が出てしまいます。

元手の資金を増やさないことにはたいした資産運用になりません。

まずはいかに元手を増やすかを考えましょう。

 

 

私の資産運用のきっかけになったアービトラージ

アービトラージ???

となった方のために簡単に説明します。

アービトラージは例えるなら「道に落ちた一万円札拾い」です。

「市場でリスクを負わずに利益を得る機会」がアービトラージの定義になっています。

 

これが一番儲かる手法で、リスクがほぼない分、多くの資金を投入でき、その結果としてキャッシュの増加率が上がるのです!

 

国や銀行もこのアービトラージによって利益を得ています!

 

 

上述した、私の勝ちパターンでは、このアービトラージをいかに利用していくかどうかがカギになってきます!

 

アービトラージを何種類かご紹介しますね!

 

難しいものもあれば簡単なものもあります!

また、時代とともに新しいアービトラージが出てくるので常にアービトラージが発生していないかのアンテナを張る必要があります!(笑)

 

 

株価指数先物と現物株の裁定取引(難易度★4)

恐らくアービトラージ取引でもっとも有名な取引でしょう。

 

例えば、日経平均は、225銘柄の株価の平均から算出されています

そこで!!

 

日経平均先物の価格が

「現物株225銘柄の平均価格から導き出される理論価格」

よりも高ければ、先物を売って、現物225銘柄を買うのです!

(取引コストとの兼ね合いで、実際には必ずしも現物全銘柄を買うわけではありません)

現物株に対する先物の割高さが解消され、

理論通りの価格に戻るときに利益を得られます。

 

 

リスク・アーブ(難易度★5)

合併・買収などのイベントが起きると、一般には買収元企業の株が売られ、買収先企業の株が買われます!

しかし!

案件が流れてしまえば株価は元に戻ります。

合併・買収は、法律や競合他社の動向など非常に複雑な要因で成否が決まるわけですが、その成否の確率を推定しながら、両社株の売買をしていくのが、リスク・アーブです!

 

これはかなり難易度が高いですね!

 

 

スタット・アーブ(難易度★3)

例えば、アメリカでの自動車販売が伸びたのを好感し、トヨタ株が上がっているのにホンダ株がそれほど上がっていないというような状況があったとします。

 

こうしたときに、ホンダ株を買ってトヨタ株を空売りしておくのです。

ホンダ株が少し遅れて上がり始めたときに利益が出るだけでなく、先行していたトヨタ株が下落に転じたときでも利益が出ます。

 

これはペアトレードとよばれ、トヨタ株とホンダ株を類似株として、割安な方を買い、割高な方を売るというアービトラージ的手法を適用したものになります!

類似株はまとめておくといいですよ!

 

 

こんな感じで、

株だけでも多くのアービトラージが存在します。

 

 

他にもビットコインアービトラージなどは話題になりましたね。

私自身、2018年の仮想通貨バブルの時は、ビットコインアービトラージに多額の資金を使い、すぐに数千万の利益を出しました。(そのおかげで今の資産運用ができてるといっても過言ではありません(笑))

 

参考までに仮想通貨アービトラージも紹介しておきます!

 

 

 

ビットコインアービトラージ(難易度★2)

簡単に言うと、

価格が安い会社でビットコインを買って高い会社で売る。ビットコインの転売です!

 

 

ビットコインの値動きが激しいときは各取引所で、ビットコインの価格も変わってきます。

例えばA社では1ビットコイン=90万なのに対し、B社では1ビットコイン=85万だったりします。

その時B社でビットコインを大量に仕入れてすぐにA社で売れば

何のリスクもなく+5万円の利益を瞬時に出すことができます!

 

 

もう少し方法を詳しく説明すると、

①取引所「A」に日本円を入金しておく

②取引所「B」にビットコインを入金しておく

③価格が大きく動く時に「A」と「B」のビットコイン価格をチェック

④1万円近く価格差がある時に「A」でビットコインを買い、同数のビットコインを「B」で売る

 

こうすることですぐに何のリスクもなく利益を上げることができますよね!

こういうチャンスの時に、私たちのような守備的投資家は一気に資産を増やしにいくのです!

 

 

円とビットコインと仮想通貨のトライアングルアービトラージ(難易度★3)

もう一つご紹介しましょう!

今度は「円」「ビットコイン」「ビットコイン以外の仮想通貨」を使ったトライアングルアービトラージです。

※例の ETHはイーサリアム という仮想通貨です。

 

①取引所の中で価格差のある通貨を3種類探し、円・仮想通貨・ビットコインに決める②10,000円で仮想通貨(ETH)を買う→10,000円=1ETH

③仮想通貨でビットコインを買う→1ETH=0.1BTC

ビットコインで円を買う→0.1BTC=10,100円

 

わかりましたか?

このトライアングルアービトラージをすることで瞬時に100円の利益を発生させることができました!

 

日本円でいきなりビットコインを購入しようとしても、0.1BTCは10,100円なので100円足らず購入することができません。

でも一度、同じ価格の1ETHを購入し、さらにそのETHと同じ価格のビットコインを購入してからもう1回日本円とトレードをすれば利益が出るという流れです。

 

頭の中が???となった方は無理に理解しなくても大丈夫です!

こういう風に様々な意表を突いた手法があるのです!

 

 

 

スワップを使ったアービトラージ(難易度★1)

私のブログの読者さんならすでにやってる方も多いスワップアービトラージ

これは証券会社のプロモーション期間をうまく利用したアービトラージです!

 

やることは簡単で、3つの通貨を買うだけです!

 

これはビットコインアービトラージ以来の効率がいいアービトラージですので一気にキャッシュを貯めていけます!

 

解説動画はこちら! ↓

www.youtube.com

 

詳細解説ブログはこちら ↓

ksakukun.hatenablog.com

 

こちらが実践中の動画です!アビトラ13日目です

www.youtube.com

 

動画の方が分かりやすいかと思いますが、今一度説明しますね。

 

簡単に言うと、値動きは固定して、金利だけを毎日とっていく手法です!

 

ユーロドル 売り ということはドルを買ってユーロを売ったということです。

ユーロ円  買い  ということは円を売ってユーロを買ったということです。

ドル円   売り   ということは円を買ってドルを売ったということです。

 

紫色のドルを片方では買い、片方では売っています。

オレンジ色のユーロを片方では買い、片方では売っています。

緑色の円を片方では買い、片方では売っています。

 

つまり3通貨を使っての両建てとなり値動きによる損益は0になります。

 

その間、それぞれの通貨にスワップポイントという金利が以下の値でつきます!

ユーロドル 売り +7.8(ユーロの金利に対してドルの金利が高いため)

ユーロ円 買い 0

ドル円 売り -2.6(円の金利に対してドルの金利が高いため)

 

この結果、7.8+0-2.6=5.2 となり、金利を毎日+5.2ドル得られます!

円に換算すると毎日約561円が利益として増えていくということになります!

(これは10万円分の運用をした場合なので運用額を変えればそれだけ多く増えます!)

 

これは私が今現在やっているアービトラージになります!

 

 

ただ、この手法が可能な証券会社は限られています!

理由は、スワップの値は証券会社によって異なるからなんです!

 

↓の記事よりアービトラージできる証券会社を解説しています!

ksakukun.hatenablog.com

 

運用や設定が難しいと感じた場合は聞いてください!

 

 

ちなみに、私は3000万でスワップアービトラージを運用し、+2800万の利益が出ています。

 

f:id:ksakukun:20200717021726p:plain

 

 

 

どのくらい儲かるの?と思う人も多いと思うので、

 

今までのを利益を一度すべて出金し、

今度は7000万円で1から再運用していくところ見せていきたいと思います!

 

f:id:ksakukun:20200325043956j:plain

 

 

過程は、私の運用しているグループやブログに載せていこうかなと考えていますのでぜひ今後とも見に来てください!(笑)

 

 

 

 

 

成功している投資家とは?

個人投資家においての成功とは投資で年収1000万円を達成できるレベルと仮定します。

 

日本証券業協会の報告によると個人投資家として年収1000万円を達成できる人は7%くらいと言われています。

 

ただし、この中には会社員収入も含まれているため、投資収入だけで1000万円を稼ぎ出す人は3%以下といわれています。

 

また、個人投資家として成功できるかどうかは

資産規模によって大きな違いがでてきます。

 

資産10億円の人と、1000万円の人では個人投資家としての成功率が大きく変わってきます!

資産10億円の人は年利1%の運用で年収1000万になります

しかし、

資産1000万円の人は年利100%という運用をしなければ1000万を達成することができません。

 

もちろん資産1000万円でもデイトレードやFXなどハイリスク・ハイリターンで成功することができますが可能性は低いでしょう。

 

 

また、目をふさぎたくなるような事実ですが、デイトレードなどの短期トレードで勝ち続ける投資家は全体の3%以下です。

 

デイトレードは常に損失の出る不安と隣り合わせの生活を送ります。

 

 

つまり、個人投資家として余裕を持って暮らしていくためには2~3億円の資産をつくることが必要だと感じています。

 

そのためには兼業投資家として給料を投資資金に回して増やしていくことが一番の近道です。

 

多くの個人投資家は兼業投資家として給料を貯め、節約して資産運用資金を作り、投資で増やしてから専業投資家になります。

これはシンプルですが最も確実な方法です!

 

 

 

キャッシュを増幅させられる勝ちパターンを!

この記事で何度も言っていますが、勝ちパターンを作るべきです!

 

私の場合は普段は守りの投資をしつつ、アービトラージなどでは一気に大きく資金を増やし、その資金で配当金をもらいにいく。という勝ちパターンを持っています。

 

勝ちパターンに従い、3月の優待確定月間近でも株を引き上げてアービトラージで取りにいきます。

今までこういったアービトラージを6件こなし、しっかりと勝ちパターンにできています!

 

勝ちパターンができたら、あとはそれに入れて、増やしての繰り返しで、どんどん資産は増えていきます!

あとはとにかくそれを続けるだけなんです!!

 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

投資人生を好転させるためにはまず、投資に対する考え方から変えるべきです。

短期運用より長期運用。

これを意識していれば、損失も減らせますし着実にお金が増えていくことでしょう。

 

また、私のスタイルでは前述したようなアービトラージをできる機会に一気に稼ぎ、その後は株や配当金生活で年利4%の適当運用していく。というものです。

これが一番負けにくく、自分の中での勝ちパターンだと感じています。

 

資産10億はまだまだ先ですが、数億くらいなら達成できそうな気がしています!(笑)

 

 

投資について調べたりして頑張って変わろうとしてるのに最後の一歩が踏み出せない。

という方たちの背中を押し、引っ張って行けるよう今後も頑張りますのでよろしくお願いします!

 

 

それでは今日はこの辺で!

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

 

LINE、Twitterありますので是非追加とフォロー、そしてはてブをクリックお願いします!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ぜひクリックお願いします!皆さんの一押しのおかげで頑張れます!

 

 

Twitter

@ksakukun084

けーさくくん ksakukun (@ksakukun084) | Twitter

 

LINE

LINE Add Friend

↑このURLをタップまたはクリックすると、LINE追加できます。

※なんでLINEなの?と思った方へ
正直に言います!
私のLINEでは私が書いてるブログが更新された際に皆さんに通知がいくようになっています!(月に3回程度)

多くの人に私の記事を見ていただきたいので、LINE追加をお願いしています!
迷惑でしたらすぐにブロック!でも構いませんが、できればそのままLINEの通知を受け取ってくださると幸いです!
もちろん、料金は一切とりませんのでご安心ください!